サイトメニュー

心を健康に保って働く

悩む女性

心身に不調を感じたらすぐに通院

新規採用職員や中途採用職員として、新しい職場に就職して働き始めた人の中には、環境の変化に身体が付いていかず、心身に支障をきたしてしまうことがあります。解らないことが多く、考え込むことも多くなってしまうので、心にはストレスが溜まりやすくなっていることでしょう。ストレスを溜め込みすぎてしまうと、自分でも気が付かないうちにうつ病などを発症してしまうことがあるので、注意が必要となります。いつもと調子が違って、身体に異変が出てきてしまうと、うつ病の兆候の可能性があるので、早期に精神科や心療内科などで診察を受けることが大切になります。大きな会社に就職することができれば、新規採用職員のメンタルチェックを行っている会社もあるので、しっかりとカウンセリングを受けたほうが安心です。また、仕事のストレスを出来るだけ、自分の中に溜め込まずに、有人や家族などに話を聴いてもらうと、心身の健康を保つためには良いでしょう。もし、身近に仕事の悩みや愚痴を聴いてくれる人がいないようなときには、無料で利用することが出来るメンタルヘルス電話相談などを活用する方法もあります。1人で悩みを抱え続けて、心身を壊してしまうと仕事を継続することが出来なくなってしまうので、就職して間もない頃は、うつ病には気を付けることが重要です。

就職後に仕事のストレスが原因でうつ病の症状を発症してしまう人が少なくありませんが、発症する身体に出る症状は人によって異なっているので、様々なうつ病の症状に注意が必要です。身体に出る主な症状としては、頭痛や腹痛などの不調があり、吐き気や眩暈、動悸などの症状が出るケースもあるでしょう。また、精神的に出てくる症状としては、仕事に対してのやる気がなくなってしまったり、すごく不安な気持ちが消えなくなってしまうようなこともあります。土日の休日明けの朝になると、仕事に行くのがすごくつらいと感じてしまうようなときには、精神的にかなりダメージを受けている可能性があるでしょう。もし、そういった心身の不調を感じる様になってきた際には、我慢せずに早期に精神科や心療内科に通院してうつ病の診察してもらうことが重要となります。症状が重くなってしまうと、完治するまでにかなりの時間が必要になってしまうことも考えられ、仕事を継続することが出来なくなってしまうこともあります。症状に応じて薬を処方してもらうことができるので、仕事を続けて行くためにも、自分のメンタルヘルスには特に気を付けることが必要です。就職してから嫌なことがあった時には、我慢せずに身近な人に相談したり、愚痴を聞いてもらったりすることも、心身の健康を保つためには重要です。

悩む男性

リワークプログラムで復職

長期期間休職した場合など、うつ病が回復しても再就職に不安がある時は、精神科などで用意しているリワークプログラムへ参加するのがおすすめです。このプログラムでは就職はもとより、勤め始めた後も仕事を継続できるためのサービスが提供されています。
医者と看護師

働き始めるために

うつ病で会社を辞めてしまったのなら、リワークプログラムがある精神科や心療内科を活用しましょう。リワークプログラムがあれば、就職活動をしっかりと支援してくれるため、スムーズに働き始められるようになります。
診察

人間関係や仕事のストレス

就職を経験すると、学生の頃とは違って、自分の行動や仕事に責任を持つ必要があります。人間関係が複雑だったり、多忙な生活をしていると、過度なストレスや疲労が溜まり、うつ病に罹ることもあります。精神科の病院やクリニックを早めに受診しましょう。
ストレス

ネガティブな思考の場合

就職活動や就職した後うつ病になった場合には、病院に行くことで解決することがあります。最近は、一切薬を処方せずに治療してくれるところもありますのでよく調べておきましょう。気をつけることは、人気の心療内科は待ち時間が長いことが考えられます。