サイトメニュー

人間関係や仕事のストレス

診察

若い年代の人は非定型に罹りやすい

就職活動が終わり、就職が内定した人はほっとしている人がほとんどです。学生の頃とは違って、職場では責任のある仕事を任されることが多く、期待や不安を感じている人が多いです。社員の多い職場の場合は人間関係も複雑なことが多く、入社をしてから1か月を過ぎた頃から、うつの症状が出ることもあります。気分が落ち込んだり、意欲や気力が減退して、遅刻や欠勤が増える場合もあります。遅刻や欠勤が増えてしまうと、職場では信用を失ってしまうので、悩んでいる人が少なくありません。病気が疑われる時は、精神科や心療内科の病院やクリニックを受診することが大事です。仕事でミスが増えて、仕事に支障が出ている場合は、一時的に休職をすることも大事です。20代、30代ぐらいの若い年代に、非定型うつが増加しています。非定型うつも就職がきっかけで、発病することが多いですが、好きなことをしている時は活動が出来るケースが多いです。一般的な病気とは違って、非定型うつの場合は、適度な負荷を掛けたほうが良いケースもあります。病院に通院をして治療を受けながら、通勤を続けることも大事です。非定型うつは周囲の人に理解されず、誤解をされることが多い病気です。怠けや甘えなどではないので、根気よく治療を続けて下さい。

就職を経験すると、学生の頃とは違って、自分の行動や仕事に責任を持つ必要があります。若い年代の人は、両親や祖父母から叱られた経験なども少なく、職場で叱責をされると強いストレスを受けることもあります。就職をして仕事が忙しくなると、疲労やストレスを受けやすくなり、うつ病を発症することもあります。身近に信頼できる両親や兄弟姉妹、友人などがいる場合は、不安や悩みを聞いてもらうことも大事です。社交的で明るい性格だった人が、電話をしたり、外出をしたりするのを避けることもあります。遅刻や欠勤などが増えると、信用を失ってしまうので、真剣に悩んでいる人が少なくありません。精神科や心療内科のクリニックでは、症状が重い場合は一時的に休職を勧めることもあります。ストレス環境から、離れるためには入院治療を勧められることもあります。うつ病を診断されると、経済的な不安を感じている人が多いですが、保険適用が受けられるので、3割負担で治療が受けられます。一時的に休職をすることで、辛い症状が改善して、仕事復帰が出来る人も多いです。精神科や心療内科の病院やクリニックでは、カウンセリングに時間を掛けてくれます。日常生活で困っていることを相談してみると良いでしょう。