サイトメニュー

ネガティブな思考の場合

ストレス

知っておくことや気をつけておきたいこと

就職をした後にうつ病になる人は少なくありません。この病気になるときは、たいていやりたくないことをやっているときになります。会社に入る時も自分の意志でしたのではなく、周りの人が就職しているからあるいは親に就職しなさいと言われたから就職した場合にはうつ病になっても仕方がないところです。本格的に病んでしまうと、就職した会社にも行けなくなってしまうことは少なくないです。1週間のうち5日程度休む場合だけでなく、週に2日から3日程度休む場合でもそれなりに問題があります。この点を治さない限り、なかなか安定した生活を送ることはできません。そこで、心療内科や精神科などにうつ病の相談に行くのがよいです。うつ病の治療に行く時に知っておきたいことは、必ずしも薬を使用するとは限らないことでしょう。一般的には抗うつ剤や抗精神病薬などが処方されることが多いです。ですが最近は、薬に頼らず治療をするような心療内科や精神科などもあります。薬を飲めば、薬の力により一時的に回復はするもののそれだけで根本的な解決につながるわけではないことを理解しておくべきです。それよりも、なぜ自分は精神病になっているのかの原因を教えてくれるような先生がいるところだと、根こそぎ問題が解決することがあります。

うつ病になり就職した会社に出ない場合には、就職した会社をくびになってしまう可能性否定できません。ただ多くの場合、いきなりくびになるようなことはなく、そのまま続けるか辞表を出すか迫られることもあるでしょう。ただ、障害年金などをもらい一時的に休業しているような時はそのような選択肢がないことが多いです。会社の方でも理解度の高いところはよくわかってくれていますので、そのあいだ休ませてくれるでしょう。もし、障害年金などをもらい長期的に休む場合にはしっかりと治療することが重要です。うつ病になった場合には、なかなか外に出るのも厳しいことがありますが、可能なかぎり病院に行き治療を進めていくことが必要です。よい先生に出会うと、比較的簡単に治ることがあります。薬を処方せず、対話のみで治す先生もいるぐらいです。もともと病気は気持ちから発病するといますが、うつ病の場合はまさに気持ちの問題が大きいです。そこで、自分の深層心理を表に出してくれるような先生に出会うとあっという間に治ることもあるでしょう。ただ、そのような先生は口コミや評判が良いためすぐに対応してくれるとは限りません。何日か待たなければならない点もありますので、その点は事前に確認しておくことが必要になります。